本質を追求し世界を変える、当事者意識の高いチームと共に
INTERVIEW

2011年 中途入社 松栄 友希YUKI MATSUBAE 転職DRAFT

大学卒業後は人材業界でクリエイティブ職、宣伝広告職を経験。その後、化粧品会社の商品企画・PR職を経てリブセンスへ。新規事業の立ち上げ、育休取得ののちに『転職ドラフト』立ち上げの中心となる。

本質は、何か?   

ものづくりをするうえでもっとも大切にしているのは、本質は何かを追求することです。私は今、『転職ドラフト』という新規事業の立ち上げをしていますが、本質は何か、本来どうあるべきかを毎日のようにチームで議論しながら進めています。転職市場ってじつは、おかしなあたりまえがとても多くあるんですよね。仲介業者が利益を多く稼ぐために生み出された仕組みや、求職者が実力ではなく前職年収や学歴、性別などで評価されてしまう慣習など。私たちがやっているのは、そんな旧来の転職市場のあたりまえに対するアンチテーゼと言ってもいいと思います。ただ、それを達成するのは容易なことではありませんでした。「それは無理だ、できるはずがない」。何度もこう言われました。でも、不可能と言われても、できると思うならやってみることが大事。諦めずに進み続けたからこそ、大きな結果がついてきてくれました。

成果を出せたのは、今のチームのみんながいるから。

いいものづくりにはいいチームが必要だと私は思います。転職ドラフトチームには明文化したチーム文化があります。「ビジョンを大事に、何より本質を考える」「情報はオープンに、だからすべて自分ごと」「本気で喧嘩する」「細かいルールより、信頼ドリブン」「細かい精度向上よりスピードと挑戦」この5つです。チーム内に情報格差があると、メンバー同士が同じ目線に立てず、本質的な議論、正しい判断ができません。また例えば、自分はエンジニアだから、企業との間で起きている営業関連の問題は知らんぷり、なんてことはうちのチームではありえないんです。だってすべてこのプロダクトの一部なんですから。こうした情報共有や高い当事者意識があるからこそ、ぶつかることもよくあります。ただこれは、それだけみんながこのプロダクトに対して本気で、相手に対して諦めず、互いに納得のいくものを探そうとしている証拠。信頼関係が築かれたいいチームになれたと思っています。

モノづくりが好きすぎる自分。

正直、新規事業立ち上げは楽な仕事ではありません。特に初期の頃は、プログラミング、デザイン、営業以外の全てを担当していて、プロモーションをしたり、記事を書いたり、カスタマーサポートをしたり、規約をつくったり、と本当に何でもやっていました。よく「子育てしながら時短で新規立ち上げなんて大変そう」と言われます(笑)。でも、私にとっては今の仕事のすべてが楽しいんですよね。毎日がワクワクするというか。時短で時間がない中でも、例えば子どもの寝かしつけの時間に「こういう機能をつければもっとよくなるかもしれない」「あそこはこういう条件にした方が本質的だな」とか考えていたりします。だから大変さも苦にはなりません。きっとモノづくりが好きすぎるんでしょうね(笑)。

さらに進化を目指して。  

転職ドラフトはまだ2年目。ごく少人数チームから大きなチームへと変化してきたところですし、事業としても大きな未来を見据えて中長期戦略を考えるフェーズに入ってきたところ。そして私たちが目指したいのは、もっと大きな「その人の価値観にとって最適な働き方を探せる世界の実現」なんです。まだまだこれからです。また、私個人としても「どんな分野であれ、あの人が関わっているプロダクトは面白い」と言われるような人間になりたいと思っています。それにはまだまだ経験も能力も足りません。本質を追求し続け、チームのみんなと協力しながら、さらなる進化を目指して突き進んできたいと思っています。

転職DRAFT

「実力が正当に評価される世界の実現」を目指す、ITエンジニア、webデザイナー・ゲームクリエイター向け競争入札型転職サイト。通常、最終選考段階で提示される年収が最初に提示され、査定サイトではわからないリアルな市場価値を把握できる。どの企業が、どんな人に、いくらの年収を提示したかを公開し、市場の透明化を促進している。