データの力で、誰かの人生が大きく変わる選択肢を。
INTERVIEW

2013年 中途入社 谷村 琢也TAKUYA TANIMURA テクノロジカルマーケティング部 / 部長

大学では地震学を専攻後、SIerを経て、データ分析系のコンサルタント業に就く。間接的な業務支援よりも組織の内部に入って自ら事業を育てていくことに興味を持ち、リブセンスへ。リブセンスでのデータ分析と機械学習の未来を担う。

人々のサービス内での動き全てを、次の価値に変える。

誰かが、私たちのサービスを利用するとき。どんな志向の人が、どのページに興味を持ったのか。どのボタンを押し、何をどれくらいの時間をかけて閲覧したのか。どういった文言で検索機能を使用したのか。人材サービスであれば、どんな企業に応募し、どこに採用となったのか。これらは全て、私たちにとって非常に大切なデータとなります。多角的に独自の技術でデータを活用し、世の中への価値提供を行っているのが、私たちテクノロジカルマーケティング部です。

独自の分析基盤の構築が誰かの人生に寄与するサービスにつながる。

アクセス解析ツールなど、分析に必要なデータを収集してくれる商用サービスはたくさんあります。しかし、私たちが提供したいサービスにあったデータをとることが、外部サービスだけでは難しかった。ならば独自の分析基盤をつくっていかなければならないと、Livesense Analytics(LA)の開発は開始されました。きっかけは求人情報サービスにおけるデータが、外部サービスでは「どんな企業に応募したか」までしか得られなかったこと。通常の求人サービスならば応募の時点でゴールとみなすのでしょうが、私たちはそうではありません。応募の先、どのようなプロセスを経て、どんな企業で働くことになったのか。一貫してひとりを追い、長期の動きまでデータとしなければ、本当に誰かの人生に寄与するサービスをつくることはできないのだと考えました。そのためには、独自でデータをとる仕組みが不可欠。LAは、私たちの事業の根底にある想いの体現として生まれたのです。

事業横断し、会社全体を底上げするチームとなる。

こうしてできた分析基盤は、個々の事業においてだけでなく、事業横断的に活用していけるよう技術開発が進められています。サービス改善に繋がった具体的な例を挙げれば、求人情報サービスでのレコメンド機能など。自分の入力した条件でただ求人が表示されるだけではなく、その人の属性や志向からマッチしやすい会社や採用率の高い企業を精度高く表示することで、効率的に企業探しができ、マッチング精度を高めることに成功しています。レコメンド機能の向上は複数事業にも展開するなど、各事業で得たノウハウを他事業の改善に活かしています。

1を100にするデータから、ゼロからイチを生み出すデータへ。

まだまだ微力かもしれませんが、データを分析することは、確実に誰かの人生に役立っていると思います。ユーザーが自分で調べていたときは出会えなかった情報に辿り着いたり、より自分にあった情報が提示される機会が増えたり。その小さなきっかけは、のちにその人の人生を大きく変えるものになるかもしれません。だからこそ人生を変えうる期待と責任を意識しながら、データの分析・解析精度を向上させることを目指しています。これまでのデータ部門は、サービスにおける改善が主な役割であり、既存サービスをより便利に、使いやすくすることには、大きく貢献してきたと考えています。今後は、ゼロからイチを生み出すことにも積極的に関わっていきたいと考えています。データやアルゴリズムの活用をコンセプトとした新たなサービスや事業が生まれる可能性もあると思います。そんな大きな影響力をもつ仕事にも、挑戦していきたいです。